自動車アンテナ

thumbnail image スバル

スバル BRZにまつわる盛り上がるツイートをまとめてみた(210422)

(出典 dg24ae6szr1rz.cloudfront.net) ついに新型86初披露!! なぜBRZも2.4Lエンジン搭載可能に? HV追加投入の可能性はあるか!?    2021年4月5日、トヨタの新型8...
thumbnail image スバル

スバル XVに付随するおもしろいツイッター情報をまとめてみた(210422)

(出典 cdn.autoc-one.jp) 街乗りからアウトドア遊びまでカバー!スバル「XV」はハイブリッドの進化に驚き …このところ、街でスバルのXVをよく見掛ける。「気のせいかな?」と思っていたら、やはりそ...
thumbnail image スバル

スバル レヴォーグにリンクしている興味深いツイッター情報(210422)

(出典 webcg.ismcdn.jp) スバル新型「レヴォーグ」は走りと燃費を両立!? 新エンジンの実燃費を徹底調査 …いるのがスバル「レヴォーグ」です。  往年の「レガシィツーリングワゴン」が持ち合わせてき...
thumbnail image スバル

スバル インプレッサスポーツに関係のあるひねりのきいたツイートまとめ(210422)

(出典 i.ytimg.com) 街乗りからアウトドア遊びまでカバー!スバル「XV」はハイブリッドの進化に驚き …このところ、街でスバルのXVをよく見掛ける。「気のせいかな?」と思っていたら、やはりそうではない...
thumbnail image スバル

スバル フォレスターにつながるおもしろいツイートをまとめてみた(210422)

(出典 response.jp) 街乗りからアウトドア遊びまでカバー!スバル「XV」はハイブリッドの進化に驚き …このところ、街でスバルのXVをよく見掛ける。「気のせいかな?」と思っていたら、やはりそうではない...
thumbnail image MAZDA

マツダ CX-3に関係のある役に立つツイッター情報(210421)

『マツダ CX-3 -https』についてTwitterの反応 真打のMX-30 EVも登場! マツダのSUV戦略は正解なのか!? その評価はいかに?  …動車を用意する。   マツダの充実したSUVラインナップは、トヨタに似ている。トヨタもコ...
thumbnail image MAZDA

マツダ ボンゴトラックについての楽しくなるツイッター情報を集めてみた(210421)

(出典 picture1.goo-net.com) マツダ自社開発のボンゴが昨年8月末で生産終了…そもそもボンゴってどういう意味? …歴史あるモデル。2020年5月13日にはボンゴバンが、同年8月末にはボンゴト...
thumbnail image MAZDA

マツダ CX-8にちなんだおもしろいツイートを集めてみた(210421)

(出典 response.jp) 川崎麻世 新緑が映える愛車CX-8公開 2ショットも披露し「こんなにピッカピカな車見たことない」の声 …ラムを更新。愛車マツダCX-8と自身のショットを公開した。  「久しぶり...
thumbnail image MAZDA

マツダ MAZDA2にリンクしている役に立つツイートまとめ(210421)

(出典 cdn.autoc-one.jp) 走り命! イジり前提! 「割り切り感」が潔すぎる「モータースポーツベース」のナンバー付き市販車3選 …してみよう。 1)マツダMAZDA2 15MB まずは車名にモー...
thumbnail image MAZDA

マツダ CX-5につながる深みがあるツイートをまとめてみた(210421)

(出典 response.jp) 本命トヨタのEV 本気がついに見えた! 4社で包囲網 スバル版はどうなる???  …全長4595×全幅1850×全高1655mmとされ、既存のSUVならマツダCX-5の全長45...
thumbnail image レクサス

レクサス CTについてのインパクトのあるツイッター情報をまとめてみた(210421)

(出典 response.jp) レクサス RX270(2010年)は、2.7L直4+FFで都会派ユーザーに新たな選択肢【10年ひと昔の新車】 …と写真で紹介していこう。今回は、レクサス RX270だ。 最近(...
thumbnail image レクサス

レクサス LSにリンクしているぬくもりを感じるツイートまとめ(210421)

(出典 cdn-image.as-web.jp) クルマの顔に横長ライトなぜ増えない? リアは続々採用もフロントデザインに採用されない理由 …テールランプなどでLEDランプが使用されはじめ、2006年に登場した...
thumbnail image レクサス

レクサス NXに関するぬくもりを感じるツイッター情報(210421)

(出典 img1.kakaku.k-img.com) 新型「ハリアー購入者」に見るトヨタSUV戦略 …ある「RAV4」、スバル「フォレスター」、マツダ「CX-5」、そしてレクサス「NX」とした。購入時の比較環境...
thumbnail image レクサス

レクサス ISにちなんだ楽しくなるツイッター情報をまとめてみた(210421)

(出典 meisha.co.jp) クルマの顔に横長ライトなぜ増えない? リアは続々採用もフロントデザインに採用されない理由 …クルマのライトデザインは「LED」で自由増した? トヨタ「ハリアー」やレクサス「I...
thumbnail image レクサス

レクサス UXにつながる気持ちが明るくなるツイッター情報を集めてみた(210421)

(出典 img1.kakaku.k-img.com) レクサス初の新型EV「UX300e」、公道でのフィーリングやいかに? …いよいよお目見えした。初となる市販EVは意外やレクサスブランドから。コンパクトクロス...
thumbnail image ホンダ

ホンダ ステップワゴンに関係する飽きのこないツイッター情報を集めてみた(210421)

(出典 img1.kakaku.k-img.com) ミニバンなぜノッポ人気続く? 流線型からスクエアが主流となった背景とは  ミドルサイズとなる、トヨタ「ノア/ヴォクシー/エスクァイア」やホンダ「ステップワゴ...
thumbnail image ホンダ

ホンダ フリードにちなんだ役に立つツイートをまとめてみた(210421)

(出典 cdn.autoc-one.jp) 新車販売4年連続日本一 軽販売6年連続NO.1のN-BOXに潜む死角とは?  6位:ホンダフィット/9万4311台(前年比123.9%) 7位:トヨタハリアー/8万6...
thumbnail image ホンダ

ホンダ ヴェゼルにリンクしている自慢したくなるツイートをまとめてみた(210421)

(出典 www.mugen-power.com) ホンダ、自宅に発売前の新型「ヴェゼル」が来る。新たな試乗イベントの模様を公開 …選ばれた2人の元に直接ホンダが新型ヴェゼルを届けるという、これまでにない新たな試...
thumbnail image ホンダ

ホンダ フィットに関係する楽しくなるツイートまとめ(210421)

(出典 webcg.ismcdn.jp) ライバルに6.5km/Lの大差でヤリス低燃費NO.1 なぜトヨタに他メーカーは追い付けないのか?  …アクア/29.8km/L 6位:日産 ノート/29.5km/L 7...
thumbnail image ホンダ

ホンダ N-BOXに関係する盛り上がるツイートを集めてみた(210421)

(出典 jpn.pioneer) 新型ノート登場で勢力図激変!!? ガチ燃費チェック!! 最新国産コンパクトカー徹底調査 …のはヤリスだ。日本自動車販売協会連合会のデータでは、ヤリスの登録台数はN-BOXを抜い...
thumbnail image 日産自動車

日産 スカイラインにリンクしている読んでみたいツイートまとめ(210420)

(出典 webcg.ismcdn.jp) ヨタハチ、ジェミニ、コスモスポーツにサニー。お気に入りが一緒のスタッフはいますでしょうか|ノスヒロ制作スタッフが選ぶ、裏国産旧車:2014 Vol.1 …1st C10...
thumbnail image 日産自動車

日産 セレナに関係のあるぬくもりを感じるツイートを集めてみた(210420)

(出典 car.watch.impress.co.jp) 日産「シルフィe-POWER」登場! なぜ中国初のe-POWERは人気SUVではなくセダンなのか …なるのでしょうか。  日産の電動技術を代表するe-P...
thumbnail image 日産自動車

日産 デイズに関する盛り上がるツイッター情報をまとめてみた(210420)

(出典 car-mo.jp) 「女性向け」は必要なくなった? イマドキの「女性ターゲット」小型車事情 …売れ行きは伸びませんが、乗るととてもいいクルマだと思います。  また、日産デイズや三菱ekクロス/ekワゴ...
thumbnail image 日産自動車

日産 エクストレイルに関係のある飽きのこないツイッター情報(210420)

(出典 cdn-image.as-web.jp) e-POWER搭載! 日産新型「エクストレイル」2022年夏に欧州市場で発売へ …3列仕様の設定もあり! 新型「エクストレイル」が欧州でも登場へ 日産の欧州法人...
thumbnail image 日産自動車

日産 ノートに関する深みがあるツイッター情報(210420)

(出典 motor-fan.jp) 日産「シルフィe-POWER」登場! なぜ中国初のe-POWERは人気SUVではなくセダンなのか …らの採用となるのでしょうか。  日産の電動技術を代表するe-POWERは、...
thumbnail image トヨタ

トヨタ RAV4に関係のある飽きのこないツイッター情報をまとめてみた(210420)

(出典 cvimg01cv.c.yimg.jp) 全車種“勝ち組”のトヨタSUVを深掘り!販売上位独占の理由は?【市販車情報】 …4 PHV、ハリアー ■RAV4/RAV4 PHV 車両概要  RAV4の初代と...
thumbnail image トヨタ

トヨタ ハリアーについての役に立つツイッター情報(210420)

(出典 dol.ismcdn.jp) トヨタ・ハリアー ハリアー(HARRIER)は、トヨタ自動車が製造・販売している高級クロスオーバーSUVである。 「高級サルーンの乗り心地と快適性を兼ね備えたクロスオーバーSUV」として開発され、1997年に初代モデルが発売された。「高級クロスオーバーSUV」という新たなジャンルを開拓した先駆的モデルであり、後に世界58キ...
thumbnail image トヨタ

トヨタ ヤリスに関係のあるうれしくなるツイッター情報をまとめてみた(210420)

(出典 toyota.jp) トヨタ・ヤリス ヤリス(Yaris)は、トヨタ自動車が生産・発売するBセグメントのコンパクトカーである。 1999年に発売。初代~3代目までの日本では、『ヴィッツ』の名称で発売されていたことで知られる。初代から20周年となる2020年発売の4代目からは、2017年から復帰している世界ラリー選手権(WRC)で「ヤリ30キロバイト (...
thumbnail image トヨタ

トヨタ ヤリスクロスにちなんだ魅力的なツイッター情報(210420)

(出典 img1.kakaku.k-img.com) トヨタ・ヤリスクロス トヨタ・ヤリス> トヨタ・ヤリスクロス ヤリス クロス(Yaris Cross)は、トヨタ自動車が生産・販売するBセグメントに属する小型クロスオーバーSUV。 2020年2月発売のヤリスに続き、GA-Bプラットフォーム採用車種の第二弾。 開発はデザイン、設計ともにトヨ...
thumbnail image トヨタ

トヨタ ライズにつながる気持ちが明るくなるツイッター情報を集めてみた(210420)

(出典 img1.kakaku.k-img.com) トヨタ・ライズ ライズ(RAIZE)は、トヨタ自動車が販売する小型クロスオーバーSUVである。 「アクティブ・ユースフル・コンパクト」をコンセプトに、週末のレジャーでも普段使いでも扱いやすく、様々なシーンでアクティブな毎日をサポートする車種として開発された。 なお、本車種は機能子会社であるダイハツ工業が4代...
thumbnail image ダイハツ

ダイハツ キャストに関係のある役に立つツイートをまとめてみた(210419)

多彩なホディカラーとレトロなメッキパーツでファッショナブルに装った「キャスト スタイル」、SUV風の外観と4WDでアクティブさを打ち出した「キャスト アクティバ」、スポーティなスタイリングの「キャスト スポーツ」の3つのラインナップを持つ軽自動車。どのモデルも共通の高めの車高に、愛らしい丸いライトが特徴。万が一の事故に備え、自動ブレーキや車線逸脱警報を備えた「スマートアシストIII」を搭載。みんな...
thumbnail image ダイハツ

ダイハツ ウェイクに関するうれしくなるツイートを集めてみた(210419)

アクティブなライフスタイルに合わせ、軽自動車サイズで最大の室内容量を目指した一台。その全高は1,835mmに及び、ボディ形状はほぼ四角形。車内はいたるところに収納スペースが確保されているほか、豊富なアクセサリーでアウトドアギアを安全に積載できる。たとえば荷室を2段式の棚にしたり、天井に釣り竿を固定したり、テールゲートをテントとして使ったりと自由自在。オーナーのアイディアが問われる一台だ。ダイハツ ...
thumbnail image ダイハツ

ダイハツ ミライースについてのおもしろいツイッター情報を集めてみた(210419)

「誰にでも手が届くエコカー」として誕生し、クラストップレベルの低燃費を達成。手頃な車体価格はそのままに、エンジンの燃焼効率アップやアイドリングストップ、走行時の空気抵抗・路面抵抗の軽減といった細かい改善で燃費を向上させている。ベース車であるミラ譲りの使いやすさ、運転のしやすさも損なわれていない。低速域で先行車への追突を予防する「スマートアシストIII」のほか、安全装備も充実している。■コスパ最強の...
thumbnail image ダイハツ

ダイハツ タフトに関係する飽きのこないツイッター情報を集めてみた(210419)

キャストアクティバの事実上後継車にあたる軽クロスオーバーモデル。最大のトピックはスカイフィールトップなる、大型サンルーフが全車標準という点。さらに、ダイハツ初の電動パーキングブレーキを搭載するなど、ダイハツトップレベルの先進安全装備する。ダイハツのタフトの緑色— 脚太い部|豆打 (@Zunda_official) April 19, 2021走行中にフン攻撃を食らった。鳥コロす出先で急...
thumbnail image ダイハツ

ダイハツ ムーヴキャンバスに付随するしゃれているツイッター情報をまとめてみた(210419)

レトロなカラーリングが可愛らしい軽トールワゴン。注目の装備は、2列目シート下にある「置きラクボックス」。普段は折りたたみ傘や靴をしまっておくことが出来るほか、引き出した状態では、植木のように高さのある荷物を立てたまま運べる優れもの。ハンドル操作に合わせてカーブの先を照らす「AFS」や、衝突回避支援システム「スマートアシストII」、狭いスペースでの駐車に便利な「パノラマモニター」など安全装備も充実。...
thumbnail image ダイハツ

ダイハツ タントに関係のある深みがあるツイッター情報をまとめてみた(214019)

子育てファミリーからシニアにまで幅広い世代に人気の軽トールワゴン。助手席ドアと左側スライドドアの間の柱を廃し、つながって大きく開く「ミラクルオープンドア」が特長。間に支柱がないので前後席ともに乗り降りしやすく、後席足元に大きな荷物を積んだり、後席にチャイルドシートを設置したりするのも簡単。4代目から運転席ロングスライドシートを組み合わせた「ミラクルウォークスルーパッケージ」を採用し、運転席に座った...
thumbnail image スズキ自動車

スズキ ソリオについての楽しくなるツイートを集めてみた(210418)

2020年11月にフルモデルチェンジしたスズキの5人乗り5ドアハッチバック車。外観のデザインを一新し、ダイナミックなフロントマスクやヘッドランプが採用され、存在感が高められている。さらに、取り回しの良さは維持しつつ全長を80mm(ソリオ バンディットは70mm)延長し、荷室床面長を100mm拡大させたほか、内装部品の形状見直しにより、後席3人乗車時の快適性を向上。荷室空間も拡大させ、大きな荷室と広...
thumbnail image スズキ自動車

スズキ エブリイについてのインパクトのあるツイートまとめ(214018)

スズキの軽商用バン。真四角に近い形状のボディは高い積載容量を誇る。テールランプがボディ下端にまとめられているため、荷室の開口部が広く、積み下ろしがスムーズなのもポイント。4WDにターボエンジンモデル、5速マニュアルモデルなどもラインナップされ、用途に応じて選択できる。2つのカメラを使用した衝突被害軽減システム「デュアルカメラブレーキサポート」を一部グレードに標準装備。マツダ版スズキ車はワゴンR→A...
thumbnail image スズキ自動車

スズキ スイフトに関するしゃれているツイートまとめ(210418)

欧州で鍛えられた走りと乗り心地、そして躍動感あふれるスタイリングが人気の一台。効率を徹底的に高めた2種類のガソリンエンジンに加え、マイルドハイブリッド搭載グレードもラインナップ。減速エネルギーを利用した発電と、モーターによる加速アシストで、さらに気持ち良い走りを可能にする。安全面では、単眼カメラ+レーザーレーダーを組み合わせた「デュアルセンサーブレーキサポート」により、事故の回避や被害軽減を図る。...
thumbnail image スズキ自動車

スズキ ワゴンRについての興味深いツイッター情報(210418)

「背を高くして室内を広くする」というコンセプトで1993年にデビューした、スズキを代表する軽自動車。ハイブリッド搭載グレードは、優れた燃費と、モーターアシストによる力強い加速が持ち味。歩行者や障害物との衝突を予防する「デュアルセンサーブレーキサポート」をはじめ、安全装備も充実。運転中の視線移動を抑えられるヘッドアップディスプレイは、軽自動車で初の採用となる。3種類の異なるフロントフェイスが選べる。...
thumbnail image スズキ自動車

ジムニーシエラにちなんだ魅力的なツイートをまとめてみた(210418)

世界で活躍する軽オフロード車の「ジムニー」に、1.5リッターのエンジンを搭載し、走行性能を向上したモデル。軽自動車枠を超える排気量と拡大されたトレッド幅は、余裕ある走りに大きく貢献しており、特に長距離走行時の快適性が向上している。ジムニー譲りの悪路走破性は確かなもので、余裕ある地上高と四輪駆動により急勾配、段差、悪路をものともせず突き進む。車体は小さいが、4名が快適に乗車できる。EXキーパーは乾燥...
thumbnail image スズキ自動車

スズキ ハスラーに関係のある気持ちが明るくなるツイッター情報(210418)

キャッチコピーは「遊べる軽」。遊び心溢れるデザインと、高い積載性が特長の一台。オレンジやピンクなどのフレッシュなカラーリングも魅力的。内装には外装色と同じ色のパネルやシートパイピングを取り入れ、カラフルに演出している。後部座席は左右独立でスライド・折りたたみができるなど実用性も高い。アウトドアの使用を想定した4WDグレードや、豊富なアクセサリーも見逃せないポイント。一番売れていると思われるホンダN...
no title スズキ自動車

スズキ ジムニーに関する飽きのこないツイッター情報を集めてみた(210418)

国内のみならず、世界中で信頼されるコンパクトなオフロード車。余裕ある地上高により、急勾配や段差も難なく乗り越え、雪道や泥道でも簡単にはスタックしない。2018年に20年ぶりとなるフルモデルチェンジを敢行し、アイコニックなデザインや悪路走破性はそのままに、衝突被害軽減ブレーキや車線逸脱警報を搭載するなど安全性がアップデートされた。全グレードで5速MTが選べるのも嬉しい点。一番売れていると思われるホン...
thumbnail image 三菱自動車

三菱 eKワゴンにつながるインパクトのあるツイートを集めてみた(210417)

日産 デイズの兄弟車ながら、最大の違いはノーマルのeKワゴンでもMIパイロットが装着できるコト。ライバルはワゴンRやN-WGNといったハイトワゴンだ。eKワゴンはターボエンジンの用意はなく、NAのみの設定となっている。代車が新車だった新車の匂いがする〜(’ω’)サイコウカヨォォォォォォォ三菱EKワゴン pic.twitter.com/p6vJDWoX2L— 本舗Mチーズ (@MM170...
thumbnail image 三菱自動車

三菱 アウトランダーにちなんだ盛り上がるツイートまとめ(214017)

7人乗りの大型SUV。三菱のフロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」をまとい、都会的でスポーティなデザイン。ボディ各所に取り付けられたクロームメッキパーツも高級感を演出している。中身は本格的SUVらしく、パワフルなガソリンエンジンと高性能4WDで、不整地や悪天候時でも安定の走りを披露。2、3列目のシートは左右独立して倒せるので、人数や荷物に応じて自在にアレンジできる。またアウトランダーシ...
thumbnail image 三菱自動車

三菱 RVRにまつわる深みがあるツイートまとめ(214017)

三菱のコンパクトSUV。ボディサイズは狭い都市部でも難なく扱える範囲に収まっているが、大径タイヤと高い車高はいかにもSUV風で、頼もしさを感じさせる。搭載されている1.8リッターエンジンはトルクフルで扱いやすく、4WDグレードであれば段差や急勾配、不整地でも安定してクリアできる走行性能を持つ。荷室容量も十分で、アウトドアスポーツなどのアクティビティにももってこいの一台。三菱 シャリオ1991年から...
thumbnail image 三菱自動車

三菱 ミラージュにまつわる飽きのこないツイートをまとめてみた(210417)

コンパクトカーに求められる普遍的価値である「低燃費」「低価格」「コンパクト(扱い やすさ)」をキーワードとし、タイで生産されている三菱の世界戦略車の一台。2020年4月にビッグマイチェンをし、衝突被害軽減ブレーキが歩行者対応となった。【内装/外装/詳細/価格は?】三菱ミラージュ・ブラックエディション発売(AUTOCAR JAPAN) pic.twit...
thumbnail image 三菱自動車

三菱 デリカD:5についての深みがあるツイートまとめ(210417)

三菱の誇るオールラウンドミニバンのデリカD:5。現行モデルでは、パワートレインにディーゼルエンジンのみの設定となる。三菱初のアドブルーを補給する尿素SCRへと変更となったのも大きなトピック。先進安全装備は三菱随一で、衝突被害軽減ブレーキはもちろんACCなども標準装備。ノーマルモデルとエアロボディのアーバンギヤの2種類をラインアップしている。スズキ アルトワークスRS-Z HA22S→スバル フォレ...
thumbnail image 三菱自動車

三菱 エクリプスクロスにつながる味のあるツイートをまとめてみた(210417)

「躍動と挑戦」をテーマに開発されたコンパクトSUV。コンセプトカーをそのまま市販化したような、先進的なデザインが特長。都会的なクーペスタイルとワイルドなSUVらしさという相反する要素を両立するため、デザイン過程で膨大な試行錯誤が繰り返された。また深い艶をまとったボディカラー「レッドダイヤモンド」も、色味を再現するために特殊な塗装工程を開発するなど、至るところにデザイナーのこだわりが詰まっている。お...
thumbnail image スバル

スバル ジャスティに関係のあるしゃれているツイッター情報(210417)

両側スライドドアと、背の高いボディが特長のコンパクトカー。車内が広いおかげで大柄な人でも快適に過ごせるほか、自転車のような大きな荷物を積むことも出来る。また運転席の目線が高く、視界も広いので、狭い道や駐車場でも取り回しやすい。安全面では、衝突回避支援システム「スマートアシストII」を全車に標準装備し、対車両、対歩行者の衝突を予防もしくは軽減する。カラフルなボディカラーが揃うのも魅力的。スバル ジャ...
no title スバル

スバル インプレッサG4に関係するぬくもりを感じるツイッター情報(210417)

ベーシックな4ドアセダン。新設計の次世代プラットフォーム採用で、走りの質を大幅に高めた。国産車初となる歩行者保護エアバッグを全車に標準装備し、歩行者との衝突時に被害を軽減する。先進の予防安全技術「アイサイト」は常に前方を監視し、不慮の衝突を警告音と自動ブレーキで予防。パワーユニットには伝統の水平対向エンジンを採用し、低重心化に貢献。リニアトロニックCVTと併せて、気持ちの良い走りをもたらす。北海道...
no title スバル

スバル BRZまつわる深みがあるツイートをまとめてみた(210417)

コーナーリングの楽しさを突き詰めたFRスポーツクーペ。スバルのお家芸である水平対向エンジンによって実現した低いボンネットが、スポーツカーらしさを一層引き立てる。シートに腰掛けると、地面に手が届くほど車高は低い。しかしボンネットが盛り上がっており、予想以上に車体感覚がつかみやすく、運転がしやすいのもポイント。広いトランクは4本のタイヤを積載可能な容量を持ち、実用性は高い。新型「SUBARU BRZ」...
thumbnail image スバル

スバル インプレッサスポーツに付随する読んでみたいツイッター情報

新設計の次世代プラットフォームを採用し、走りの質が大幅に進化。思い通りのハンドリングと高い安定性で、運転者にとって気持ちよく、同乗者にも心地よい走りを可能にしている。視界が広く運転時の疲労が少ないほか、衝突警報装置と自動ブレーキを組み合わせた「アイサイト」も搭載し、不慮の事故にも万全に備える。国産車で初めて、全車に歩行者保護エアバッグを標準装備。低重心化に貢献する、伝統の水平対向エンジンも健在。神...
thumbnail image スバル

スバル XVにリンクしている味のあるツイートをまとめてみた(210417)

コンパクトなサイズで、取り回しやすいクロスオーバーSUV。スバルのお家芸である「シンメトリカルAWD」に加え、荒れた路面や急斜面での安定性を大きく向上させる「X-MODE」を採用。最低地上高も本格SUV並の200mmとなっており、あらゆる悪路において安心して走行できる。スバルの次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム(SGP)」の採用により、舗装路でも高い走行性能を発揮する。スバル...
thumbnail image スバル

スバル レヴォーグに関する味のあるツイートを集めてみた(210417)

2020年10月に2代目となる新型モデルが発売開始。新型モデルではアップデートされた先進安全装備「アイサイトX」や、巨大な縦型ディスプレイ「11.6インチセンターインフォメーションディスプレイ」、使用者の好みに合わせて3つのモードが選べる「12.3インチフル液晶メーター」を設定。さらには、新開発の1.8リッター直噴ターボエンジンを搭載し、先代モデルを超える出力と大トルクを実現。ターボらしいパワフル...
thumbnail image スバル

スバル フォレスターにつながる味のあるツイッター情報をまとめてみた(210417)

「フォレスター」はスバルのSUVモデル。1997年に初代が登場し、2018年のフルモデルチェンジで5代目となる。全車が4輪駆動モデルで、新開発のSGP(スバルグローバルプラットフォーム)や2.5リッター水平対向エンジンを採用したほか、ハイブリッドモデル「e-BOXER(イーボクサー)」も新たに設定された。スバル独自の先進安全技術「アイサイトver3」を標準装備するほか、運転支援機能「アイサイトセイ...
thumbnail image MAZDA

マツダ MX-30に関係のある自慢したくなるツイートをまとめてみた(210417)

エクステリアはシンプルな立体構成に徹し、親しみやすい表情を表現。特徴的な観音開きのフリースタイルドアを採用し、乗降性を高めている。インテリアはフリースタイルドアの解放感と同様に、室内も開放感に包まれる感覚を得られるようにデザイン。カラーは、自分らしさを表現できる個性ある3種類。パワートレインには、直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」に独自のマイルドハイブリッドシステム「M ハイブリ...
thumbnail image MAZDA

マツダ CX-5にちなんだ盛り上がるツイートを集めてみた(210417)

マツダのミドルサイズSUV。マツダのデザインコンセプト「魂動」を取り入れた最初のモデル。躍動感溢れるスタイリッシュなボディラインは、販売当初からの人気の理由の一つ。技術面ではマツダの先進環境技術「SKYACTIV」を採用。軽量高剛性なボディとシャシーにより、軽快な走り、ドライバーの操作に忠実なハンドリング、優れた乗り心地を実現。エンジンにはガソリンとクリーンディーゼルをラインナップする。不明 マツ...
thumbnail image MAZDA

MAZDA3ファストバックに関する役に立つツイッター情報(210417)

「色気のある塊」というコンセプトで、力強いCピラーとリアデザインによる低重心で”塊感”を表現したスタイリッシュで美しいデザインのハッチバックモデル。フィット感を重視したシートや水平基調のデザインで視認性の高いメーター、操作性の良いスイッチなど、内装においても細部まで徹底的にデザインされ、優れたインターフェイスと高い質感を実現している。扱いやすいエンジンやコントロール性の高い...
thumbnail image MAZDA

MAZDA2についてのうれしくなるツイートを集めてみた(210417)

コンパクトな5ドアハッチバック。デザインをはじめ、装備や走りなど、すべてが1クラス上の車種に近い思想で作られた、マツダ渾身の一台。複雑なプレスラインを組み合わせたボディは、小さいながらも強い存在感を放つ。室内の作りも上質で、最適な視界、機器の位置関係、シート形状を追求した結果、長時間の運転でも疲れにくい自然な運転姿勢を実現。エンジンにはガソリンとクリーンディーゼルを設定している。借りたい車種ヤリス...
thumbnail image MAZDA

マツダ キャロルについての読んでみたいツイートを集めてみた(210417)

マツダのベーシックな軽自動車。シンプルで使いやすい作りと、手頃な価格が魅力の一台。ボディサイズは小さいが、車内は思いのほか広く、4人が快適に乗車することができる。買い物袋用のフックや運転席まわりの収納ボックスに加え、荷室に床下収納を設けるなど、限られたスペースを有効に活用している。低速域での衝突に備え、警告音と自動ブレーキで衝突を防ぐレーダーブレーキサポート(衝突被害軽減ブレーキ)を設定。オートザ...
thumbnail image MAZDA

マツダ ロードスターにちなんだ興味深いツイッター情報(210417)

マツダが1989年から販売し、世界中で愛されている2人乗りオープンスポーツカーの4代目。初代から共通して、運転者と車両の一体感=人馬一体をコンセプトに掲げる、誰もが安心してスポーツ走行を楽しめる一台。コンパクトで低重心なボディはグラム単位で軽量化され、1.5リッターのガソリンエンジンで軽快に走る。手動式のソフトトップは軽く、容易に開閉できるのもポイント。2016年次日本カー・オブ・ザ・イヤー受賞。...
no title ホンダ

ホンダ Honda eにちなんだ役に立つツイッター情報(210416)

街中での取り回しの良さと力強いモーター・後輪駆動によるホンダならではの走りの楽しさを実現した近未来の都市型コミューターのHonda e。インテリアは、リラックス空間に、直感的に使いやすいメーターパネルとサイドカメラ用を含む5つの液晶画面を設定。さらに、先進のAIを用いたコネクテッド技術による「Honda Personal Assistant」でユーザーの都市型ライフスタイルとクルマをシームレスに繋...
thumbnail image ホンダ

ホンダ インサイトにリンクしているインパクトのあるツイッター情報(210416)

インサイトはハイブリッドの専用車として1999年デビュー。初代は小型クーペ、2代目は小型ハッチバック、そして2018年に登場した3代目となる現行型はミドルサイズの4ドアセダンと、代を追うごとにボディタイプを変化させながらサイズも拡大している。走り、デザインのみならず、全てにおいて「シンプルで時代に流されない、本質的な魅力を備えたクルマ」を目指し開発されたミドルセダンの現行モデルは、パワートレインに...
no title ホンダ

ホンダ アコードに付随するおもしろいツイートをまとめてみた

アコードは1976年に初代が登場。現在10代目という長い歴史を有するホンダの世界戦略車だ。これまでに、世界の120を超える国と地域で、累計2000万台を販売してきた。その名前の示す通り「人と時代との調和」を目指し、クルマの在るべき姿をひたむきに追求するために開発されたアコードは、クルマの基本価値である「走り」と「人のための空間」を不変のテーマとしながらも、それぞれの時代に合うよう姿を変え、つねに新...
no title ホンダ

ホンダ CR-Vに関する気持ちが明るくなるツイッター情報を集めてみた(210416)

スポーティなフォルムと広い室内が魅力の中型SUV。北米などの海外市場を見据えて開発されているため、シートのサイズや足元空間、荷室の広さに余裕がある。特に荷室はハッチバックゲートの開口面積が広く、また後部座席を倒すとフルフラットになるため、キャンプ用品やゴルフバッグを自在に積み込むことができる。2リッターのハイブリッドと、1.5リッターのガソリンエンジンをラインナップ。ホンダ CR-V 2011年モ...
thumbnail image ホンダ

ホンダ レジェンドにつながる味わい深いツイートまとめ

世界初の3モーターハイブリッドを搭載したフラッグシップセダン。駆動用のモーターをフロントとリアの左右に搭載し、前輪駆動、後輪駆動、四輪駆動を路面状況に合わせて使い分けることができる。さらにコーナーリング時は、外輪側を駆動しつつ、内輪側に回生ブレーキをかけることで旋回をアシスト。重量級のボディが思い通りに曲がる、未知のハンドリングを体験できる。車内の広さとパーツの質感も上級セダンにふさわしいもの。た...
no title ホンダ

ホンダ シビックタイプRにちなんだ盛り上がるツイートをまとめてみた(210416)

世界屈指の難コースと言われるドイツの「ニュルブルクリンク」において、FF車中最速のタイムを記録したハイパフォーマンスモデル。日常生活でも扱いやすいハッチバック車ながら、その足回りはスポーツ走行を想定したハードなもの。多数の空力デバイスを搭載しており、高速域での安定性も高い。トランスミッションは6速MTのみ。限定発売の「リミテッド」のみならず通年販売となるはずのノーマルタイプまで瞬く間に「売り切れ」...
thumbnail image ホンダ

ホンダ シャトルに関係のあるぬくもりを感じるツイートをまとめてみた(210416)

人気コンパクトカーの「フィット」をベースに、ボディを延長して荷室を広くした一台。荷室容量は通常時570L、後部座席を倒すと1,141Lにもなる。後部座席は左右個別に倒すことができ、長尺物を積みこむ際にも便利。また荷室内には床下収納やポケットスペースもあり、小物の収納もしやすい。内装は上質感溢れるもので、木目調パネルやクロームメッキ仕様のパーツで高級感がアップしてる。ガソリンとハイブリッドを設定。代...
thumbnail image ホンダ

ホンダ N-ONEに付随するうれしくなるツイッター情報(210416)

ホンダ初の軽乗用車N360をモチーフに誕生した「N-ONE」。現行モデルとなる2代目は2020年11月にフルモデルチェンジ。プラットフォームを一新しながら、外板デザインは先代(初代)をそのまま流用するという珍しいスタイルを採用することで、意図的に先代のイメージを継承させた。先進運転支援技術「Hondaセンシング」も全車標準装備化。いっぽうでインテリアについては、視認性の高いメーターや操作しやすいス...
thumbnail image ホンダ

ホンダ N-WGNに関係する自慢したくなるツイートをまとめてみた(210416)

キュートでアイコニックなルックスを持ち、日常での使い勝手の良い4人乗り軽自動車。安全運転支援システム「ホンダ ・センシング」を全車で標準装備。運転席には「テレスコピック&チルトステアリング機構」を採用し、ドライバーが最適な運転姿勢を確保できる。燃料タンクを前席の下に収めるホンダ独自のセンタータンクレイアウトの採用により、広い室内空間と荷室を持つ。低床化した荷室は備え付けのボードを使って、上下2段に...
thumbnail image ホンダ

ホンダ N-VANにちなんだ気持ちが明るくなるツイートをまとめてみた(210416)

人気の軽自動車であるN-BOXをベースに、商用ユースに特化させたモデル。一番の特徴は助手席側ドアとサイドドアの間にピラーがなく、開口部が広い点。これとフルフラットになる助手席のおかげで、リヤだけでなくサイドからも荷物の出し入れがしやすい。またルーフの高さもアップしているので、高さのある荷物も余裕を持って積むことができる。荷物の積載に便利なオプションパーツも豊富に揃う。ホンダ・N-VAN軽バンの革命...
no title レクサス

レクサス RC Fについての欲しくてしかたなくなるツイートを集めてみた(210415)

「公道からサーキットまでシームレスに走りを楽しめる」という“F”の開発テーマの下、軽量化や空力性能のほか、パワートレーン、タイヤ、サスペンションなど、あらゆる点に改良を加え、常用域での軽快な走りと限界域における優れた操縦安定性を実現。ハイパワーを自然吸気のレスポンスで楽しめるV8 5.0Lエンジンを搭載、最高出力354kW (481PS) 、最大トルク535N・m(54.6kgf・m)を発揮する。...
no title レクサス

レクサス RCについての欲しくてしかたなくなるツイートまとめ(210415)

直線と曲線を組み合わせた優雅なプロポーションが魅力を放つ2ドアクーペ。長い前後オーバーハングと絞られたキャビンは古典的なクーペらしいが、スピンドルグリルやライト周りの造形からは、近未来的な雰囲気が感じられる。内装はシックな中にアルミパネルの輝きを活かした高級感溢れるもの。トルクフルなV6ガソリンエンジン、軽快な直4ターボエンジンのほか、スムーズな加速と燃費を両立するハイブリッドをラインナップ。レク...
thumbnail image レクサス

レクサス LXにちなんだ「これは!」と思うツイッター情報(210415)

レクサスらしい都会的な雰囲気と、SUVらしいタフさを巧みに融合した一台。ゆとりあるシートに8人が乗車可能なフルサイズのボディを、パワフルなV8エンジンで力強く加速させる。8速ATの採用により、高速巡航時の燃費も優秀。悪路走破性も本格的なもので、想定しうるあらゆる悪路に対応する「マルチテレインセレクト」により、深雪やぬかるみでも安定して突破できる。木目を活かした、高級クルーザーのような内装も魅力的。...
no title レクサス

レクサス LCコンバーチブルに関係のある読んでよかったと思うツイートをまとめてみた(210415)

2020年6月、LCに新設定されたコンバーチブルモデル。LCのDNAを継承するコンバーチブルデザインに、空力性能などの機能面も追求。パッケージングもLCシリーズとしての統一感を保ちながらも、ソフトトップルーフの軽快感や開放感を演出し、個性が引き立つデザインとなっている。ソフトトップルーフは約15秒で開閉を行う。搭載するパワートレインは、5.0L V8エンジンとDirect Shift-10ATの組...
no title レクサス

レクサス ESに関係のある役に立つツイートまとめ(210415)

レクサスのアッパーミドルクラスセダン。量産車としては世界初となるデジタルアウターミラーを採用しており、これはサイドミラーの代わりにカメラを装着、車内のモニターで側方・後方の視界を得られるようにしたもの。ドライバーの視線移動が少なくなるほか、悪天候時でもクリアな視界を確保できる利点がある。レクサス ES自体はブランド創設時から存在する主力モデルだが、日本導入は2018年10月に初めて開始された。レク...
no title ダイハツ

ダイハツ メビウスまつわる飽きのこないツイッター情報をまとめてみた(210415)

ダイハツの販売する5人乗りハイブリッドミニバン。流線型のスタイリッシュなフォルムだが、見た目に反して車内は天井が高く広々としており、荷室容量も大きい。荷室には床下収納もあるため、見た目以上に多くの荷物を積むことができる。モーターアシストがもたらすパワフルな加速により、5人乗車時でも気持ちよく移動できる。燃費も26.2km/lと高水準をマーク。メビウスは激怒した。必ず、かの邪智暴虐のトヨタを除かなけ...
thumbnail image ダイハツ

ダイハツ アルティスに関係する楽しくなるツイートまとめ(210415)

トヨタ「カムリ」のOEMとして展開される上級セダン。次世代プラットフォーム「TNGA」の採用しており、高い走行性能と広い室内空間を備える。標準装備となる「トヨタセーフティセンスP」は、車両だけでなく歩行者との衝突も予測して作動するほか、車線からのはみ出しを警報+ハンドル操作アシストで防ぐ機能も搭載。2021年2月、ベースモデルのカムリ改良に合わせ一部改良を実施。フロント周りのデザインを変更したほか...
no title ダイハツ

ダイハツ ブーンにちなんだうれしくなるツイッター情報を集めてみた(214015)

ユーザー想いの設計が際立つコンパクトカー。ボディは小柄だが車内は広く、前後席とも足元空間には余裕がある。左右の座席が繋がったベンチシートを、リアだけでなくフロントにも採用しているのがユニーク。丸みを帯びたヘッドライトが可愛らしい「CILQ」グレードをラインナップするほか、豊富なボディカラーも魅力的。また不慮の衝突を防止・軽減する自動ブレーキ「スマートアシストII」を標準装備する。グレードによっては...
thumbnail image ダイハツ

ダイハツ ロッキーにリンクしている深みがあるツイッター情報(210415)

『レジャーなどのためにSUVが欲しい、しかし大きいクルマは苦手』というアクティブユーザーの声に応えた全長4m以下の5ナンバーサイズのコンパクトSUV。SUVらしいデザインを実現しながら、コンパクトで小回りが利くことで運転がしやすいところや、大容量ラゲージと可動式デッキボードで使い方の幅が広がった荷室がポイント。ワイドで個性的なフロントビューや大径タイヤを備えた躍動感のあるエクステリアにより、週末の...
thumbnail image ダイハツ

ダイハツ トールにリンクしている役に立つツイッター情報(210415)

スクエアなボディ形状と、両側スライドドアが特長のコンパクトカー。高い天井のお陰で車内の開放感が高いほか、後部座席を倒せば、自転車のような高さのある荷物も積み込める。小回りが利くので、狭い道でも運転しやすい。また不慮の衝突を防止・軽減する自動ブレーキ「スマートアシストII」を標準装備する。グレードによってはステレオカメラで検知をするスマアシIIIを搭載し、事故防止システムも向上。新開発の1.0リッタ...
thumbnail image スズキ自動車

スズキ クロスビーに関係のあるうれしくなるツイッター情報を集めてみた(210414)

広い室内とSUVの力強さ、そしてポップでカッコ可愛いデザインを兼ね備えたスズキのコンパクトカー。ボディカラーは通常色以外に、2トーンや3トーンといった珍しいカラーリングを選択することができる。高い全高のおかげで室内は広く、荷室も使いやすい。ハイブリッドシステムや自動ブレーキシステムなどの先進装備が充実している点もポイント。★静岡県★中古車★H29 スズキ クロスビー 1.0 ハイブリッド MZ 全...
no title スズキ自動車

スズキ アルトラパンに関係のある盛り上がるツイートを集めてみた(210414)

女性ユーザーをターゲットに定め、可愛らしさを全面に押し出した一台。四角いラインに丸みのあるパーツを組み合わせたボディデザインはオリジナル。レトロな雰囲気がアップする、ルーフのみホワイトのツートンカラーも選択できる。またベージュ基調の明るい内装色は、部屋の中にいるような居心地の良さを感じさせる。フランス語で「うさぎ」を表す車名の通り、メーター内の液晶パネルにうさぎのキャラクターが出現する演出もある。...
thumbnail image スズキ自動車

スズキ アルトにちなんだしゃれているツイッター情報を集めてみた(210414)

メガネを掛けたように縁取られたヘッドライトや、ボディアンダーに纏められたテールランプが特徴的な軽自動車。障害物を検知し、警告音と自動ブレーキで衝突を防ぐ「レーダーブレーキサポート」や誤発進抑制機能を装備し、万が一の事故に備える。ターボエンジン搭載の「ターボRS」、さらに5速マニュアルシフトを装備した「ワークス」と、走り重視の層向けのグレードも設定。2016年次RJCカー・オブ・ザ・イヤー受賞。スズ...
thumbnail image スズキ自動車

スズキ スイフトについてのひねりのきいたツイッター情報をまとめてみた(210414)

欧州で鍛えられた走りと乗り心地、そして躍動感あふれるスタイリングが人気の一台。効率を徹底的に高めた2種類のガソリンエンジンに加え、マイルドハイブリッド搭載グレードもラインナップ。減速エネルギーを利用した発電と、モーターによる加速アシストで、さらに気持ち良い走りを可能にする。安全面では、単眼カメラ+レーザーレーダーを組み合わせた「デュアルセンサーブレーキサポート」により、事故の回避や被害軽減を図る。...
thumbnail image スズキ自動車

スズキ ワゴンRについての読んでみたいツイッター情報(210414)

「背を高くして室内を広くする」というコンセプトで1993年にデビューした、スズキを代表する軽自動車。ハイブリッド搭載グレードは、優れた燃費と、モーターアシストによる力強い加速が持ち味。歩行者や障害物との衝突を予防する「デュアルセンサーブレーキサポート」をはじめ、安全装備も充実。運転中の視線移動を抑えられるヘッドアップディスプレイは、軽自動車で初の採用となる。3種類の異なるフロントフェイスが選べる。...
no title 三菱自動車

三菱 eKクロスにちなんだ味わい深いツイッター情報を集めてみた(210414)

「eKクロス」は、三菱の軽ハイトワゴンの4代目「eKワゴン」フルモデルチェンジに伴い、2019年新たに誕生したクロスオーバースタイルの派生モデル。フロントマスクは同社の上級SUV同様のダイナミックシールドデザインを採用したほか、ホイールアーチをブラックにするなど、随所にSUVらしい迫力とタフさを演出するデザインとした。ターボ・ノンターボ共に全車マイルドハイブリッドとなっている。おはようございます。...
thumbnail image 三菱自動車

三菱 デリカD:2に関係のある気持ちが明るくなるツイートをまとめてみた(210414)

5人乗りのコンパクトミニバン。小柄なサイズだが、ボディ形状が四角形に近いので、室内は天井が高く広い。左右のドアはスライド式なので、開口部が広いだけでなく、狭い駐車場でも乗り降りしやすい。マイルドハイブリッドシステムによりエンジンにかかる負担を最小限に抑え、2WD車で27.8km/lという優れた燃費を達成。ステレオカメラタイプの衝突被害軽減ブレーキシステム「FCM」を搭載し、万が一の事故にも備える。...
thumbnail image 三菱自動車

三菱 eKワゴンにちなんだ魅力的なツイートまとめ(210414)

日産 デイズの兄弟車ながら、最大の違いはノーマルのeKワゴンでもMIパイロットが装着できるコト。ライバルはワゴンRやN-WGNといったハイトワゴンだ。eKワゴンはターボエンジンの用意はなく、NAのみの設定となっている。こちらこそありがとうございます。私も三菱乗りでekワゴン、ミラージュ、パジェロミニ、ミラージュと来て、アウトランダー乗ってます。— komirage (@brcodia)...
自動車保険お見積りフリーダイヤル
タイトルとURLをコピーしました