インタビュー

no title インタビュー

「世界一ウンコを食べた男」山本竜二、コロナに罹って味覚に変化! ウンコ風呂“糞湯”が腰痛に効く新事実も暴露!

俳優・山本竜二といえば、昭和の大俳優・嵐寛寿郎を叔父に持ち、ドラマ『水戸黄門』からNHK大河ドラマまで出演している名脇役だ。しかし、彼には別の顔がある。ウィキペディアでは、アダルトビデオ・ゲイ・スカトロ・超熟女・ゲロ・フケ・経血・ニワトリ・老婆などが専門ジャンルと明記されるほどス......
no title インタビュー

“心の中にある陰り”を歌う、Little Black Dress初インタビュー 平成生まれの彼女が歌謡曲に惹かれた理由

 シンガーソングライター・Little Black Dressが1stデジタルアルバム『浮世歌』をリリース。「野良ニンゲン」や「双六」などこれまで配信してきた楽曲をはじめ、元・男闘呼組の成田昭次をフィーチャーした「哀愁のメランコリー feat. 成田昭次」、MVで2時間ドラマの帝王・船越英一郎と共演した「心に棲む鬼」などの他、「愛まみれ」や「優しさが刺となる前に」など4曲の新曲を含む全12曲を収録...
no title インタビュー

Non Stop Rabbit、バンド&YouTuberの活動で掲げる大きな夢 「変に壁を作っていると“国民的”にはなれない」

 昨年末にメジャーデビューを果たした3ピースロックバンド・Non Stop Rabbit(ノンラビ)が、メジャー1stシングル『三大欲求』をリリースした。 彼らはバンド活動と並行して、総チャンネル登録者数77万人、総再生回数2億9500万回の人気チャンネル「【ノンラビ】ノンストップラビット」を持つYouTuberとしても活動中。今回初めてのシングルで掲げたのは「三大欲求」に勝るほどやりたいこと=音...
no title インタビュー

Homecomings 福富優樹&畳野彩加インタビュー “引っ越し”がバンドの制作に与えた影響、新たな始まり告げる充実作を語る

 Homecomings、約2年半ぶりとなる4作目のアルバム『Moving Days』。アルバムタイトルが“引っ越し”を意味しているように、4人のメンバー全員が関東を拠点とするようになり、ポニーキャニオン内レーベル・IRORI Recordsでのメジャーデビュー、マネージメントもカクバリズムに移籍と、活動は新しい段階に進んだ。日本語詞への取り組みやサウンド面でのチャレンジがもたらしたフレッシュさと...
no title インタビュー

仲村冬馬は“聖人君子”! 全員1位級の『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』ポジションバトル【動画】

 4月8日から配信がスタートしている『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』。 『SEASON1』から見守り、今回もリアルサウンドで記事を執筆しているライターの高橋梓氏が動画で解説していく。 #6 ではポジションバトル前半の模様が配信された。今回は各楽曲から注目の練習生をピックアップしているほか、“グッときたポイント”としてランキングの変動とTwitterのトレンド入りも果たした「花...
no title インタビュー

ネクライトーキーが掴んだ“自分たちらしい曲作り” 「バンドはみんなが集まった1つの心臓」

 ネクライトーキーが2021年5月19日、メジャー2ndアルバム『FREAK』をリリースした。ストレンジなオルタナサウンドを鳴らす5人組バンドというイメージが強かったが、本作は今まで以上にストレートで厚みのあるサウンドを鳴らしたポップなアルバムに。しかし、よく耳を澄ませてみると、これまでにも増して曲構成は複雑で、演奏はタイト、そして音がとてもよい。見事なバランスで成り立っている全方位的なアルバムと...
no title インタビュー

『ダウンタウンDX』に「ぼる塾」が出演した際、松本人志が放った一言が技アリすぎる! お笑いコンプラ時代を評論家が語る!

お笑い評論家のラリー遠田の新刊『お笑い世代論 ドリフから霜降り明星まで』(光文社新書)が発売された。この本では、第一世代から第七世代まで芸人を7つの世代に分けて、その歴史を振り返っている。 本の発売を記念して、著者であるラリー遠田とサイキック芸人のキックの特別対談が行われた。......
no title インタビュー

竹内久顕が語る、映画『美しき誘惑』主題歌に込めた想い 「歌い方で妖魔の心の揺らめきを表現したかった」

 “九尾の狐”伝説をモチーフとした映画『美しき誘惑-現代の「画皮」-』が公開中だ。九尾の狐に取り憑かれた美しき妖魔=山本舞子(長谷川奈央)を主人公に、そんな舞子に翻弄される塩村太郎(市原綾真)などを通して現代における“本当の美しさ”、“本当の愛”を問うた作品となっている。本作は海外でも高い評価を得ており、アメリカ・ヒューストン国際映画祭をはじめ11カ国で65もの賞を受賞。さらに、公開初週の週末観客...
no title インタビュー

ダウンタウン浜田の禁断の発言、オリラジ中田の突破力、楽屋の西野亮廣の一面…評論家と芸人からみた「お笑い7つの世代論」

お笑い評論家のラリー遠田の新刊『お笑い世代論 ドリフから霜降り明星まで』(光文社新書)が発売された。この本では、第一世代から第七世代まで芸人を7つの世代に分けて、その歴史を振り返っている。 本の発売を記念して、著者であるラリー遠田とサイキック芸人のキックの特別対談が行われた。......
no title インタビュー

あいみょん「裸の心」をブルーズギタリストが弾きながら解説【オリジナル動画】

 ブルーズギタリスト/ヴォーカリスト大久保初夏が、自身のルーツである“ブルーズ”をテーマにトーク&演奏する新連載『ブルーズギタリスト SHOKAのルーツミュージック講座』。第2回では、あいみょん「裸の心」を“クセ強め”のアレンジで披露。ブルーズっぽさとはどういうものなのか、ブルーズ感のあるギターフレーズとは……実際に演奏を交えながら解説します!【クセが強い!】あいみょん「裸の心」をブルーズギタリス...
no title インタビュー

西寺郷太が伝えたい少年隊と錦織一清の功績 ポッドキャストでは語りつくせなかった、それぞれの偉大さ

 NONA REEVESの西寺郷太がMCを務めるAmazon Music独占配信のポッドキャスト番組『西寺郷太の最高!ファンクラブ』(毎週火曜更新)が、5月11日よりスタートした。 同番組は、毎回様々な音楽ジャンルやアーティストの熱狂的なファンをゲストに迎え、ゲスト自身がMCである西寺にその熱を直接プレゼンテーションしていくというもの。初回は番組開始を記念した特別編として、少年隊のリーダーであり、...
no title インタビュー

「売れる前のフワちゃんを一目見て衝撃を受けた…」お笑い第七世代がここ数年で急に台頭した理由を分析!(ラリー遠田×キック対談)

お笑い評論家のラリー遠田の新刊『お笑い世代論 ドリフから霜降り明星まで』(光文社新書)が発売された。この本では、第一世代から第七世代まで芸人を7つの世代に分けて、その歴史を振り返っている。 本の発売を記念して、著者であるラリー遠田とサイキック芸人のキックの特別対談が行われた。......
no title インタビュー

「芯にあるモノはつないでいきたい」 KUZIRAが作るこれからのメロディックパンクシーン

 岐阜発の3ピースメロディックパンクバンドKUZIRAが、5月26日に<PIZZA OF DEATH RECORDS>より1stフルアルバム『Superspin』をリリースする。KUZIRAは2017年に本格始動。ライブを中心に活動し、2019年9月にはKen Yokoyamaによる『Still Age Tour Ⅱ』に参加。メロディックパンクシーンのニューカマーとして注目を集める存在に。これから...
no title インタビュー

RIEHATA×神田勘太朗『D.LEAGUE』対談 プロリーグとして提示する、新たなダンスの楽しみ方

 “世界中すべての人に、「ダンスがある人生」をもたらす”を掲げ、2020年8月に発足した世界初日本発のプロダンスリーグ『D.LEAGUE(Dリーグ)』。そのVision・Mission・Valueに共感したエイベックス、コーセー、サイバーエージェント、セガサミーホールディングス、セプテーニ・ホールディングス、フルキャストホールディングス、ベネフィット・ワン、USEN-NEXT HOLDINGS、K...
no title インタビュー

BEYOOOOONDS 清野桃々姫プレイリスト連載「ひめぷれ」 5月は「五月病を吹き飛ばす楽曲」

 BEYOOOOONDS 清野桃々姫によるプレイリスト連載「ひめぷれ」。ブログで毎回目覚まし音として洋邦問わず様々な楽曲を紹介するなど、グループ内でも音楽好きとして知られる清野。同連載では、そんな清野に毎月あるテーマに沿ったプレイリストを紹介してもらう。4月は「春の陽気にお散歩しながら聴きたい曲」をテーマに10曲をセレクトしてもらった。春は“寂しい思い出”が蘇るという清野。インタビューでは、そんな...
no title インタビュー

ティモンディ高岸は本物の宇宙人だった!? 東京ホテイソンは今後売れる…『お笑い世代論』対談で判明した新事実とは!?

お笑い評論家のラリー遠田の新刊『お笑い世代論 ドリフから霜降り明星まで』(光文社新書)が発売された。この本では、第一世代から第七世代まで芸人を7つの世代に分けて、その歴史を振り返っている。 本の発売を記念して、著者であるラリー遠田とサイキック芸人のキックの特別対談が行われた。......
no title インタビュー

神宿、2020年の挑戦から生まれた“変化”への手応え 過去最大規模の全国ツアーに対する思いも

 2021年3月31日に配信シングル「FANTASTIC GIRL」をリリースし、4月3日からライブツアー『KAMIYADO THIS IS THE DREAM TOUR』を開催するなど、精力的な活動を繰り広げる神宿。同ライブツアーは全国23カ所44公演(昼夜2部公演含む)の過去最長ツアーとなるが、新型コロナウイルス感染拡大防止に伴い、やむなく一部公演の開催を見送っている。神宿 KAMIYADO「...
no title インタビュー

これからのKen Yokoyamaは“音楽”で語る Ken Bandが手に入れたバンド活動の充実

 Ken Yokoyamaが、7枚目となるフルアルバム『4Wheels 9Lives』を5月26日にリリースする。Ken Yokoyamaは、昨年9月に1stミニアルバム『Bored? Yeah, Me Too』をリリース。本作はドラムEKKUNの加入後、初のフルアルバムとなる。2018年12月に発表された現体制から、『New Age Tour』、横山健の体調不良、コロナ過を経て生まれた今作。その...
no title インタビュー

じん×白神真志朗×ゆーまお、『カゲロウプロジェクト』とそれぞれが捉える10年の変化 ボカロシーンの渦中から見てきたもの

 10周年を迎えた『カゲロウプロジェクト』が“Re:boot”プロジェクトを始動。その背景と展望を聞くインタビューが実現した。 話を聞いたのは、『カゲロウプロジェクト』の作者であるマルチクリエイターのじん。そして“Re:boot”第1弾として先日公開された「チルドレンレコード(Re:boot)」でも演奏陣に名を連ねた、オリジナル音源の制作メンバーでもある白神真志朗(Ba)、ゆーまお(Dr/ヒトリエ...
no title インタビュー

GRAPEVINE 田中和将、ロックバンドによる“2021年の問題提起” 「楽曲はただの感情吐露ではいけない」

 GRAPEVINEが、2年3カ月ぶりのニューアルバム『新しい果実』を5月26日にリリースする。図らずも本作には、コロナ禍の時代を反映した表現が随所に織り込まれ、過去の音楽や文学からも、その時その時の人間の困難を象徴する表現が引用されている。田中和将らしい歌詞や節回し、亀井亨らしい美しいメロディ、西川弘剛らしいクールなギターアレンジが相乗効果となり、バンドアンサンブルとして放出された時に無二の衝撃...
no title インタビュー

HiHi Jets 井上瑞稀、なにわ男子 大橋和也……“歌”に注目のジャニーズJr.を解説【オリジナル動画】

 ジャニーズはじめボーイズグループに詳しいライターのmomotoxic氏がリアルサウンドYouTubeチャンネルに登場。今回は幅広い活躍を見せるジャニーズJr.たちの中から、特に歌に注目したいメンバーを解説します。HiHi Jets 井上瑞稀&なにわ男子 大橋和也、それぞれの表現力や個性とは?【イチオシはHiHi Jets 井上瑞稀&なにわ男子 大橋和也】“歌”に注目したいジャニーズJr.を解説■...
no title インタビュー

NHK『SONGS』制作統括に聞く、リニューアル後も変わらない軸 番組における大泉洋の役割も

 音楽の魅力を広く伝えるメディアとして、大きな機能を果たすテレビの音楽番組。CD全盛期に比べて番組数が減少する中、それぞれ趣向を凝らした番組づくりが行われている。そんななかでも、注目すべき番組に焦点をあてていく連載「テレビが伝える音楽」。第13回では、2021年4月からリニューアルした『SONGS』(NHK総合)制作統括・加藤英明氏にインタビューを行なった。『紅白歌合戦』チーフ・ディレクターも務め...
no title インタビュー

【展示中】カップルを真空パックし、建物もバキュームした写真家フォトグラファー・ハルの新作がヤバい! 「ドラム式洗濯機」に人間を凝縮させて“洗浄”!

愛し合うカップルを布団圧縮袋に入れて真空パックした『Flesh Love』で主に海外の写真シーンから注目を浴びたフォトグラファー・ハルさん。2015年には、広告の世界で最も名誉あるアワードを獲得している。 その、フォトグラファー・ハルさんの新作写真展が、5月7日から東京・......
no title 離婚

【インタビュー】ビル・ゲイツ離婚騒動の闇! 愛人、エプスタイン、小児性愛、ロリコン島、闇の勢力、暴かれるコロナの真相…ケロッピー前田が徹底解説!

「パンデミック到来に備えよ!」と、2015年にビル・ゲイツは予言した。 そして、それは現実となり、人類は新型コロナウイルスの猛威に侵され続けている。ワクチンこそが唯一の解決策と喧伝され、世界各国は巨額を投じて開発競争は加熱するばかりだ。これから世界はどうなってしまうのか? ケ......
no title 芸能

伊藤健太郎がインタビューで言ってしまった“最悪の受け答え”とは!?

 八方ふさがりだ。昨年10月に“ひき逃げ事故”を起こした俳優・伊藤健太郎が俳優復帰に向けて露出を増やしている。といっても、ドラマや映画からお声がかかるはずもなく、雑誌や情報番組で立て続けに“贖罪インタビュー”に応じた。「被害者との示談、ひき逃げ容疑の不起訴を見据え、今年......
自動車保険お見積りフリーダイヤル
タイトルとURLをコピーしました