松尾スズキ「酒への遺書のつもりで 書いた新作小説」俳優・安藤玉恵と 語り尽くす“酒聖”たちの記憶


人間の深淵を覗きこむ松尾さんの小説『矢印』が刊行。読書家としても知られるアンタマこと俳優の安藤玉恵さんが、「松尾さんの頭の中を覗いてみよう」との意気込みでのぞんだ「文學界」掲載対談の冒頭部分をお届けします。(構成:辻本力)…

このサイトの記事を見る

自動車保険お見積りフリーダイヤル
タイトルとURLをコピーしました