『真犯人フラグ』大ブーイング!“致命的なミス”発覚に「一番駄目なやつ」


thumbnail image西島秀俊 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 日曜ドラマ『真犯人フラグ』(日本テレビ系)の公式ツイッターが10月17日、ドラマ内で〝ミスがあった〟ことを公表。視聴者から大ブーイングが起こっている。同ドラマは、ありふれた真面目なサラリーマン・凌介(西島秀俊)が、日本中で注目される〝疑惑の男〟になりながらも、家族失踪の真実を追うミステリー作品。第1話で凌介は、仕事帰りに息子の篤斗をサッカー教室まで迎えに行く…

このサイトの記事を見る

自動車保険お見積りフリーダイヤル
タイトルとURLをコピーしました