映画『Shari』吉開菜央監督 「食べ物が血となり肉となるように、 ガブっと映画を食べてみてほしい」


知床・斜里を舞台に撮られた映画『Shari』。映画の監督でもある吉開菜央はダンサー・振付家でもあり、カンヌ国際映画祭に正式招待された『Grand Bouquet』(19)をはじめ、数々の独創的な映像作品を手がけてきた。様々な声と映像がまじりあい、ドキュメンタリーとフィクションの境を超越した『Shari』。このユニークな映画がどのように生まれたのか、監督のこれまでの経歴と一緒に話をうかがった。…

このサイトの記事を見る

自動車保険お見積りフリーダイヤル
タイトルとURLをコピーしました