『真犯人フラグ』意味深シーンの連続に呆れ声「どうせ理由はない」「うざい」


thumbnail image西島秀俊 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 10月17日、西島秀俊主演の2クール連続ドラマ『真犯人フラグ』(日本テレビ系)の第2話が放送された。雑に張られていく伏線に、ネット上では早くも呆れ声があがっている。主人公は運送会社の課長・相良凌介(西島)。愛する家族のため一軒家を建設中のマイホームパパだが、ある日、忽然と妻と子どもたちが消えてしまう。あまり取り合ってくれない警察の対応に落胆し、学生時代からの…

このサイトの記事を見る

自動車保険お見積りフリーダイヤル
タイトルとURLをコピーしました