繊維のゴミを紙に、循環型社会を目指すプロジェクト「サーキュラー コットン ファクトリー」が始動


thumbnail image 繊維の廃棄物から紙を作り、循環型社会を目指すプロジェクト「サーキュラー コットン ファクトリー(Circular Cotton Factory、以下CCF)」が始動した。オーガニックコットンを日本で広めたアバンティ創業者の渡邊智恵子氏が筆頭となり、「繊維のゴミを資源にする」という活動を広めていく。 このコンテンツは FASHIONSNAP.COM が配信しています。…

このサイトの記事を見る

自動車保険お見積りフリーダイヤル
タイトルとURLをコピーしました