自民重鎮も「後にずらすべき」 菅氏退陣で衆院選「先送り論」が現実味帯びる理由


菅義偉首相が自民党総裁選(2021年9月17日告示、29日投開票)への出馬を断念したことで、衆院選の投開票日が11月にずれこむ公算が大きくなってきた。衆院選は新首相のもとで行われることになるが、臨時国会で首相指名(首班指名)選挙を行うなどの手続きが必要になるからだ。衆院議員としての任期満了は21年10月21日で、任期満了後の投開票は史上初だ。…

このサイトの記事を見る

自動車保険お見積りフリーダイヤル
タイトルとURLをコピーしました