長時間労働が死に至る病に。世界保健機関(WHO)が新たなる研究結果を報告


thumbnail imagepixabay このほど、世界保健機関(WHO)と国際労働機関による「長時間労働が健康に与えるリスク」の合同調査結果が発表された。 それによると、週55時間以上働くと定義される「長時間労働」は心臓病や脳卒中、過労などによる死亡リスクを高め、年間74万人以上が長時間労働にが原因で死亡していることが記録されているという。続きを読む…

このサイトの記事を見る

自動車保険お見積りフリーダイヤル
タイトルとURLをコピーしました