実際には罪を犯していないのに「自分がやった」と認めてしまう子供たち。未成年者に潜む冤罪の危険性


thumbnail imagephoto by iStock 未成年者の場合、自分がやってもいない罪を、自分がやったと認めてしまうケースがある。実際は無罪なのに自供により有罪となってしまう。 子供の脳はまだまだ未発達だ。そのために必ずしも自分一人で考えて判断することができておらず、またプレッシャーなどにも弱い。イギリスの研究者によると、これが未成年の冤罪につながる恐れがあるそうだ。 『Journal of Law and So…

このサイトの記事を見る

自動車保険お見積りフリーダイヤル
タイトルとURLをコピーしました