イギリスで、全ての動物が感覚と感情を持つ「衆生」であることを認める法案が可決される


thumbnail imagephoto by Pixabay 「衆生」とは、”命ある者”、”心をもつ者” を意味するサンスクリット語の訳語であり、生きとし生けるもの(生類)のことだ。 これまで、動物は法律上「器物」として扱われていたが、このほどイギリスで、動物を正式に衆生として認める条項が、動物福祉法にくわえられることになった。『iflscience』や『Lad Bible』などが伝えている。続きを読む…

このサイトの記事を見る

自動車保険お見積りフリーダイヤル
タイトルとURLをコピーしました