スイスの湖の底で3000年前に水没した失われた集落が発見される


thumbnail imagephoto by Pixabay スイス中央に位置する同国で4番目に大きいルツェルン湖は、何世紀にもわたって秘密を隠してきたようだ。澄んだ青い水と湖底の泥の層の下に、忘れ去られていた青銅器時代の集落が沈んでいたのだ。 この発見によって、ルツェルンの町の歴史が見直されることになった。これまで考えられていたのより2000年も早く、この地域に人の定住が始まったことがわかったのだ。続きを読む…

このサイトの記事を見る

自動車保険お見積りフリーダイヤル
タイトルとURLをコピーしました