ADHD(注意欠如・多動症)を正しく診断するために脳の撮像技術を利用する方法が模索されている


thumbnail imagephoto by iStock 気が散りやすくなかなか集中できない、不注意で落ちつきがない、忘れ物が多い、衝動的に行動してしまう。 誰にも多少はそういった経験があるかもしれないが、これらの症状が、生活や学業に悪影響を及ぼし、その状態が6ヶ月以上続くと、発達障害の一種、ADHD(注意欠如・多動症)と定義される。 ADHDは、脳機能の発達や成熟に偏りが生じた結果と考えられているが、その原因はまだよくわ…

このサイトの記事を見る

自動車保険お見積りフリーダイヤル
タイトルとURLをコピーしました