冤罪だった可能性大。死刑執行から4年後、新たなDNAテストで別の容疑者が浮上


thumbnail imagephoto by Pixabay 2017年4月、米アーカンソー州で殺人罪の有罪判決を受けていたレデル・リーという黒人男性の死刑が執行された。 リーは、当初からそもそも冤罪なのではないかという疑いがあった。彼の死後も、リーの姉と弁護士は彼の無実を晴らそうと戦っている。 「Slate」誌によると、4年が経過した今、冤罪疑惑はいっそう濃いものとなった。新たに公表されたDNA検査の結果によると、凶器につ…

このサイトの記事を見る

自動車保険お見積りフリーダイヤル
タイトルとURLをコピーしました