「UFOに対処できないのは諜報機関の失態である」アメリカ国防総省元職員が内部告発


thumbnail image1か月後に公開が予定されているUFOに関する報告書によって、アメリカ同時多発テロ事件以来となる、諜報機関の失態が明らかになるかもしれない そう話すのは、米国防総省の元職員ルイス・エリゾンド氏だ。 同氏は、国防総省の極秘プログラム「高度航空宇宙脅威特定プログラム(AATIP)」を統括していたとされる人物で、高度なUFOの存在を裏付ける「非常に説得力のある」データを目にしてきたと『ザ・サン紙』で語って…

このサイトの記事を見る

自動車保険お見積りフリーダイヤル
タイトルとURLをコピーしました