ホワイトハウス周辺で謎の音波攻撃疑惑が浮上。国防総省やCIAが捜査に着手


thumbnail imagephoto by Pixabay 2016年のこと、キューバの首都ハバナにある大使館に勤務するアメリカやカナダの外交官たちが、次々と原因不明の体調不良を訴えた。突然耳をつんざくような高音ノイズが聞こえ、頭痛、めまい、記憶障害といった症状が現れたという。 この症状は「ハバナ症候群」と呼ばれており、マイクロ波を使用した音波攻撃によるものと見られているが、真相はわかってはいない。 そして今回、アメリカの…

このサイトの記事を見る

自動車保険お見積りフリーダイヤル
タイトルとURLをコピーしました