半年前に小惑星が衝突することがわかったところで、それを防ぐ手立てはない(NASAのシミュレーション)


thumbnail imagephoto by iStock4月19日、地球から5600万キロの距離に小惑星が発見された。「2021PDC」と命名されたそれは、6か月後の10月20日に5%の確率で地球に衝突する可能性があることが明らかとなった。5月2日、その後の詳しい分析によって、小惑星はヨーロッパか北アフリカにほぼ確実に衝突することが判明した。しかし無念なことに、現代の技術ではたとえ半年の猶予があったとしても、衝突を食い止め…

このサイトの記事を見る

自動車保険お見積りフリーダイヤル
タイトルとURLをコピーしました