司馬遼太郎のデビュー作「ペルシャの幻術師」を蔵西が週刊文春でマンガ化


thumbnail image本日4月28日に発売された週刊文春5月6・13日合併号(文藝春秋)で、司馬遼太郎原作による蔵西の新連載「ペルシャの幻術師」がスタートした。「ペルシャの幻術師」は、昭和31年に第8回講談倶楽部賞を受賞した司馬の小説家デビュー作をコミカライズしたもの。13世紀を舞台に、ユーラシア大陸を席巻したモンゴル軍を率いる大鷹汗(シンホルハガン)ボルトルと、その命を狙う幻術師の物語が展開される。 …

このサイトの記事を見る

自動車保険お見積りフリーダイヤル
タイトルとURLをコピーしました